楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

クルーズ再開の動き

Go Toトラベルが始まって、最初の1カ月で420万人余りが宿泊に利用したとの報道がありました。新型コロナ禍でほとんど観光客が消えた観光地にとっては、潤いの雨として大きな救いになったのではないでしょうか。私も8月に函館と京都に出かけて4泊使わせてもらいましたが、家族旅行だったので全部で20人泊となり、多少の貢献ができたのではないかと思っています。これからも取材旅行も兼ねて、せっせと活用させていただくことにしたいと思っています。

さて、本題のクルーズの方でも再開の動きが活発になっています。世界中のクルーズが一斉に止まってしまってから約半年。クルーズ人口約3千万人の半分の需要が蒸発してしまったことになります。日本のクルーズ人口は32万人ですので、その半分の16万人となります。その間、建造費が300億−1千億円もする船に、300−2千人の乗組員を乗せたまま、多くの船は洋上での待機を強いられました。

最大手と呼ばれる米国拠点の3つのクルーズ会社は、当初、10カ月は大丈夫との声明を出していましたが、そのタイムリミットが次第に近づいてきています。しかも、ここ10年ほど、世界的なクルーズブームの中で100隻を超える新造船が発注されており、それがどんどん完成してきています。まさに、なんとしても早急に収入を得なければならない状況に追い込まれています…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2020年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ