楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宇宙人化が進む新入社員 社会全体で彼らを育てる

19/03/26

いよいよ4月。今年も新人が入社する季節になりました。もう多くの皆さまはご承知かと思いますが、21世紀になってから社会に出た方々をミレニアル世代と呼び、それまでの古い方々とは違う感覚を持っていると言われています。そうした時代にあって、今年以後入社する新人はその中でもさらに宇宙人になってきます。

今年入社する新人は、生まれてこのかたデフレしか知りません。大学生であれば山一證券や拓銀が破たんした年に生まれた子どもたち。

彼らは経済的に世の中が良くなることを知りません。そのため慎ましやかで、社会経験も多くありません。マジメな彼らをひと言で表すと「つながってるけど、皆孤独」。リアルな居場所を持たないのです。そのため、憧れているのがスタバ。家庭でも職場でもない「サードプレイス」は理想の居場所です。

一方、プライドは人一倍高いのも特徴です。つながっている同士で常に応援しあい、慰め合い、自分が一番で生きてきています。上下のないトモダチでいることが大切なのです。彼らの世代は親子もトモダチです…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ