楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの九 将軍の面前で戒律を破る

三代将軍足利義満公が昼食の支度を家来にさせます。御膳が像外和尚と弟子の周建前にズラーっと並べられるから将軍は

「さぁ、両名とも遠慮なく過ごせ」「ありがとうございます。うわぁ…えらい昼食じゃ。戒律を破る食べ物ばかり、口にするわけにはいかん。なれども、このままでは将軍に対して無礼となる、仕方がない」

とお箸を持ち上げ料理を食べたフリを致します。「誠に美味しく頂戴いたしました」とお箸を置きます。何とはなしに周建を見ればすっかり食べておりましたので。「お主は食べたのか?」「和尚様こんなに美味しい料理は食べたことがございません」「何と言う事を…仏に仕える我らが頂戴できるはずはなかろう」「ええ? ですが、折角支度して頂きましたのに勿体のう御座います」「えらい小僧じゃ」

そこへ三代将軍が

「周建よ、美味かったか」「はい、お殿様、大変に美味しゅう御座いました」「さりながら、汝は魚肉を食したな。師である像外は手を付けようとせなんだが何故、五戒を破り口にしたのじゃ」「将軍より賜った料理を頂かないとあっては却って無礼となります」「如何に言い訳をしようとも実は今の料理はそちを試したのじゃ」「はぁ。しからば真実を申し上げます。私は決して食べたのでありません。ただ魚肉が私の腹へ入りましたので、私の喉は鎌倉街道で腹の中は天下の往来、魚屋も通れば米屋も通る餅屋も通れば菓子屋も通りますので、只今は魚屋が通りましたので」「ならば、お主の腹は天下の往来で、喉は鎌倉街道と申すのか」「御意でございます」「では、其の街道は農・工・商ばかりが通る道ではあるまい。武家も折々通行するであろうな」「左様で。無論通りますな」「しからば、天下の往来へこの『武士』を余の面前において、鎌倉街道へ通してみよ」…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ