楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

お客様への癒しを追求 福岡県脇田温泉/湯めぐりの宿楠水閣・安永さとみさん

京都府・八千代旅館の中西裕子さんよりバトンをいただきました、福岡県・湯めぐりの宿楠水閣女将、安永さとみです。

脇田温泉は福岡中心部より車で40分、北九州より50分の奥座敷にあります。かつて日本の近代化を支えた筑豊炭鉱の一角を担った町。宵越しの金を持たない―気風の川筋者と呼ばれた鉱夫が夜な夜な町に繰り出した、華やかな時代に楠水閣は創業しました。

昭和33年の創業時代は四畳半10室。トイレも風呂もなかった当館は増改築を重ねました。創業4年後には別館を設け、大浴場、宴会場、会議室、スナックなどの施設も次々と設置、昭和47年には新館も建てました。バブル期には、福岡では珍しかった男女合わせて10種類の露天風呂、貸し切りの家族風呂など設置しました。平成24年の全館リニューアルでは、館内を畳敷きにして段差をなくすなど、バリアフリー化も実現しました。

もちろん順風満帆な経営ではありませんでした。地元の貝島炭鉱が昭和51年に全面閉山したのをはじめオイルショック、バブル崩壊や東日本大震災、豪雨などの影響で売り上げが大きく落ち込んだこともあります。最近では、新型コロナウイルスにより休業を余儀なくされました。

それでも経営を続けられたのはお客様に対する経営者や社員の心構えが大きいと思います。徳治経営を目指しながら、社員と一緒に歩むお客様にとって旅行はハレの日。毎日がお正月だと思って接する―この言葉を胸にお客様の心と身体に癒しを届ける旅館でありたい。そのために、経営者と社員の信頼関係が必要です。私は徳治経営を目指しながら、スタッフと一緒に歩んでいます…

(JKK=全旅連女性経営者の会リレーコラム)

(トラベルニュースat 2023年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ