楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「美内すずえ作 歌劇『紅天女』」 壮大なオペラとして上演された長篇コミックの劇中劇

歌劇『紅天女』を見てきた。と言っても、フーンとしか反応がない人は、サブカルチャーに無縁な人だと思う。

『紅天女』とは、ついに世紀をまたいでしまった超大河演劇ロマン『ガラスの仮面』(略称ガラカメ)の中に出てくる劇中劇なのである。

ガラカメは美内すずえさんの作品で、1976年の連載開始以来40年以上になるのに、いまだ完結をみていない大長編コミック。北島マヤという少女が幾多の試練を経て、大女優になっていくまでを描くブタ根(スポ根に対抗してこう言う)もの。そんなマヤが1千年の樹齢を誇る梅の木の精を演じる芝居が、この『紅天女』という設定なのだ。

本編のマヤの物語とは別に、この『紅天女』を独立させたものとして舞台にかけようという試みが2006年から続いていて、それが能の『紅天女』だ。しかし、能の形式では語り切れない物語の起伏があり、今度はそれをオペラにしようとそれに美内さんが台本を提供、日本オペラ協会が全面的な支援体制を組んで、堂々上演時間3時間20分の大作として上演されたのがこの公演。

時は南北朝。天変地異の連続で苦しむ民を救うには、紅天女の像を腕ある仏師に彫らせるがよいと帝にお告げがあった。やがて、一真という仏師が見つかり、彼は幻の天女を求めて吉野の森、深くに行くが…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2020年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ