楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コスパからタムパ、修行へ

タイムパフォーマンス。略して、タムパ。今の10―20代が最も重視していること。ちょっと前までは、コスパ(コストパフォーマンス)でした。が、今は違います。

観光に置き換えれば、職場はじめ、それほどまで親しくない人とは、どんなキャンペーンがあろうと一緒に旅に行きたくない。お金がもったいないのではなく、時間がもったいないのです。そんな時間あれば、家でネトフリしている(ネットフリックスを視ている)ほうがいい、という感覚。旅とは、仲の良い人と目的をもって行くものであり、行事だからとか成り行きとかで、観光に行く人の気持ちがわからないといいます。

そうじゃないんだ、と説きたくなる気持ちもよくわかりますが、これまで同様のプロモーションではまったく響かないのはおわかりでしょうか。19歳はリフト券無料だからスノボデビューだね、と口説けたのは過去の話。一歩家を出ることすら時間がもったいないのです。

就職は、自分が選択して、オフィスかテレワークか毎日決められる職業がよい。今年20歳になった成人の皆さんの気持ちだそうですが、きっと仕事が嫌なのではなく、通勤時間がもったいないのだと思います。気持ちはわかりますが、そんな仕事をぜひ探してみてほしいと思います。

志望する大学に入っても、出てくる答えは「思ってたのと違う」。会社でも同じことを感じるのかもしれません。

そうした彼らが、常に心に秘めている願い。それは「成長したい」…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2022年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ