楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師見て来た上で… 義経ネタ取材で一騒動?

講談とは、分かり易く言えば、歴史的な人物、出来事、これらを面白可笑しく知的好奇心をくすぐるように伝えられてきた芸です。歴史と聞けば大抵は、知識がなかったら理解できないし、面白くもないだろう、と思いがちですが、そうではありません(確かに知識があれば面白さは無限大)。演者は聴衆者が興味を持つために絶妙な嘘を所々に仕掛けております。

「講釈師見て来た様な嘘をつき」と川柳に詠まれるぐらい、チョイチョイ入ってます。しかしながら嘘をつくには信憑性がなければいけませんから、なるべく現場に行くように心がけます(できなければ文献を調べる)。現地の人々や、資料館やらを見聞することによって、事実を固めた上で肝心なところに嘘を入れる。そんな地道な作業によって真実と思わせる言葉の魔法にかけることができますから、本来は「講釈師見て来た上で嘘をつく」となる訳です。

嘘をつくには最もバレたくない肝心なところだけで、残りはすべて真実を語れば人は騙される︱こういう具合に諸先輩方から教えられました。実際に言われた通りにすると、講談会のお客様は「あぁそんなことが歴史の中であったんや」と納得します…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2019年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
旅する講談 の新着記事
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ