楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師、夕陽おじさんと出会う 「テレビです」の“印籠”を無視

12年ほど前の南青時代、某放送局のとある番組の案内役として兵庫県朝来市にある、雲海に浮かぶ竹田城跡を映像に収めようと、寒暖差の激しい11月ごろに7日間の拘束でロケーションを行いました。

当時は駆け出しやったので、右も左も分かりません。そしていよいよ撮影開始ですが、失敗の連続で、お昼ご飯も食べることができずに現場のスタッフの雰囲気は最悪です。特にディレクターの「この講談師使えない」という視線を痛いほど感じながらも、撮影が押し、時間もなくなってしまいます。やがて、この日のロケの最高潮を迎える、竹田城跡から僕が(厚紙ですが)鎧兜を身にまとった戦国武将になりきって夕陽を浴びながら締めのコメントの撮影。

ところが、その竹田城跡で最も夕陽が綺麗に見える場所に一人のおじさんが座っていました。だからディレクターは「すみません。実は○○〇の番組の撮影でして、此処の場所で撮らせていただきたいんです、15分ほど場所を譲っていただきたいのですが」と大抵の者なら「〇〇〇の番組です」と言えば「あぁ、そうなんですか! じゃ移動します!」と、浮足立っていたんでしょう。そしてディレクターも、今までこれで通用して来たんでしょう。

しかし、そのおじさんは−…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2019年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ