楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師、一休禅師をもの語る 南…と一言、石が飛んでくる

「有漏路より 無漏路へかえる 一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け」

これは一休が『一休』となったきっかけとなる歌です。この意味・解釈は、引き続きトラベルニュースを定期購読していただきましたら其の内に分かります。どうぞよろしくお願いいたします。

さて一休禅師が生まれたと申しますのが、応永元年(1394年)正月元日、父親は第100代目の後小松天皇、母親は帝の側に仕えておりました伊予の局、この伊予の局と申しますのは、日野中納言の娘で照子。日野中納言は南朝方の人間、またある節では、楠木正成の倅で三男の楠木正儀、その正儀の次男、正澄の三女、照子。この方のお墓が、現在の大阪の寝屋川市、京阪寝屋川駅から京阪バスで10分程走った所『高宮口』下車、大人の足で、東の方へ1628歩で辿り着く「高宮廃寺跡(たかみやはいじあと)」の中に墓が立てられていた「橘姓楠家創氏図」という、非常に信憑性の乏しい本の中に書いてあったそうです。

当時は南の朝廷の『南朝』と北の朝廷の『北朝』が分裂しておりまして、漸く一つになり、わずか2年ほどしか経っておりません。内乱で再び分裂してもおかしくないような不安定な時期でありまして、とにかく南朝方の人間は白い目で見られがちな時代でありました、ですから、南という言葉に非常に敏感でありました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2020年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ