楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バス事業者とサービス介助士

今年サービス介助士資格取得者数が20万人を達成したことは以前にも報告しましたが、これを機にバス事業者様と意見交換を重ね、延べ15社を超えるところとなりました。路線バス、高速バス、貸切バス、通学バス、観光バスなど多種多様な形態があり、乗車するお客様も当然多様です。安全運行が何より優先される輸送機関において、お客様の特性に合わせた環境の整備は最重要課題です。

例えば、高齢なお客様には、乗降時の見守りが必須です。乗車され、座席に座るまでミラー越しに見守り、一方で降車されるお客様の様子にも目を配り、見守っています。もし既定の場所にバスが停車できなかったときは、路面に段差が生じてしまい、障壁を生むことになります。

車内に一人しかいない中で、接遇から安全管理まで想像以上にハードな空間です。

車いすを利用される方がバス停で待っていたら、次は乗車のお手伝いが必要になります。すべてのバスがノンステップとは限らない状況ですから、スロープ板を引き出し、乗車介助をします。乗車後は、安全のため車いすの固定が必要になります。ここはどちらの事業者様も苦慮されるところのようです。車いす使用者としては、自分が乗車することで、ほかのお客様をお待たせすることを嫌い、「このままでいいです」と遠慮なさる方も多いです…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2022年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ