楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの十五 和尚追い湖に吸い寄せられ…

謙翁は病の為に寝込むが、献身的に看病する周建を枕元に呼んで

「ワシの寿命も尽きかけておる。そこでお主に名を授ける。ワシの宗為(そうい)という名の一字を与え、宗純(そうじゅん)。純は何にも縛られず混じり気の無い禅の心。お主には禅の心は教え尽くした。宗純よ。本来ならば教えを受け継いだ証をやりたいがワシも師の無因禅師からそれを貰わなかったのじゃ、悪く思うな。今、純粋な禅を持っておられるは大徳寺の住職、華叟(かそう)和尚、唯一人、煩わしい寺での暮らしを嫌うて今は琵琶湖の西の堅田で僅かな弟子と暮らしておられる。何かあれば訪ねるがよい」

此の日を境に宗純は思案に沈みます。いわゆる免許皆伝と言われましたが実感が湧きません。まだ大切な何かを掴み切っておらず安国寺のかつての法友も宗純を心配して度々訪ねます。

「宗純は近頃はどうだ?何やら妙に落ち込んで、まるで恋煩いの様だと言う評判だぞ」「…」「何か言えない事でもあるのか?」「何でもありません」「えらい沈んでおりますが何か私達に出来ることがあれば何でもさせて貰います」「此の病ばかりは薬でもどうにもなりません」「おぉ矢張り恋煩いか?相手は誰だ?何と言う名だ?」

ニヤける仲間も気にかけず、宗純が歌を詠む。

 本来の 面目坊の 立ち姿 一目見しより 恋とこそなれ
 我のみか 釈迦も達磨も あらかんも この君ゆえに 身をやつしけり

皆は黙ってしまう…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ