楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る円山応挙その二 紫、形見の「唐錦の匂袋」出す

「私が全盛のころには、米つきバッタのようにぺこぺこと頭を下げて、こちらに何かと気を遣ってくれましたが、この通り私が病に罹ってからというものは『早う死ね、死んでしまえ』とばかりに、医者はおろか、薬すら飲ましてもろうた覚えはございません」「不憫な話じゃ。しかしながら、お前さんにも身より頼りという者があるやろう」「誰もございませんので」「生まれはどこや」「覚えておりません」「二親は」「分かりませんので」「可哀想に長い間の病で何にも分からんようになってしもうたんか」「いいえ、そうでございません。要は覚えておりません、ただ、小さい時に天神さんの境内で遊んでおりました処、いきなり人さらいに遭いまして、人の手から人の手へ渡って、果てはこんな情けない稼業。その上このような病では、もう助かる見込みもございません」「これこれ、世の中そう、見捨てたもんやない。一寸先は闇と言うが、一寸先は朝が来るとも言う。気を落としたらイカン。で、私はな、旅回りの絵師をしている。旅から旅の途中でひょっとしたら、お前さんの身より頼りが見付けることができるかも分からん。こう何か手掛かりになるようなもんは持ってやないか?」]

応挙の優しい言葉に、紫はツーと涙を零し乍ら

「ありがとう存じます。今まで人様からこんなお情けを掛けていただいたことはございません。それではお言葉に甘えて」

枕の下から取り出したのは唐錦で拵えられた匂袋…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2024年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ