楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インバウンド対応 クレジットカードが使えない

あらゆるメディアが連日のようにインバウンドに関連したニュースや特集を報じています。

先日も日本政府観光局(JNTO)から4月の訪日外客数が304万2900人となり、前年同月比で56%増、コロナ禍前の2019年同月比では4%増となったと発表された後、テレビ地上波のほぼすべての局が一斉に「2カ月連続で訪日外国人旅行者数が300万人を超えた」と大々的に取り上げていました。日本が03年に観光立国を宣言したころには考えられなかったメディアの対応とともに「インバウンド」という単語や認識もこの20年間ですっかり定着したと言えます。

しかし、インバウンドに関する報道はすべてがポジティブなものではなく最近は訪日外国人旅行者数の増加に伴う観光公害などのネガティブな話題も多くなっています。観光地でトラブルを起こす外国人旅行者が増えているとメディアが一方的に報じることもあり、インバウンド対応に消極的になってしまうところもあります。トラブルを起こす外国人旅行者は一部であり、マナー違反の多くは常識の違いや単純に知らなかっただけでわざと起こしたことではないことも多いようです。これらの観光公害問題については改めて別の機会に取り上げる予定です。

インバウンド市場が成長することで新たな問題や課題も増えてはいますが、受入環境整備に関してはまだまだ未熟だと感じることが多々あります。例えば、先日も近鉄大阪難波駅の券売機の前で切符を変えずに困っている外国人を助けたことがありました…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2024年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ