楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

予測力で新時代の夜明けを

新年おめでとうございます。昨年はたいへんな年でした。新年もまだ影響を引きずっていますが、夜明けのこない夜はありません。まもなくやってくる夜明けを心待ちにしていたいと思います。

ただし、新しい時代は、これまでとは違う地殻変動も誘発していくことも予測しておきたいと思います。

例えば、リアル旅行会社同士の合併や買収なども起こるような気がします。あるいは、外資系ホテルの高級旅館業への参入の予感もします。それは2023年ごろ、アウトバウンドやインバウンドがふたたび完全復活した時のための布石となる動きです。その頃は、これまで50年間市場を引っ張ってきた顧客層は引退し、現在の30―40代であるミレニアル世代が新たな市場リーダーになっていると思います。

地域では、これまでの世代をターゲットとしてきた事業者の勇気ある撤退が増えていくことも仕方ありません。様々な給付金やキャンペーンでの補填があったからこそ、余裕のあるうちに事業から撤退したいと考えるのも自然な流れです。

しかしそこで完全に廃業するのか、事業を他社に譲渡し、これまで培ってきた思いや形を継続していくかで大きな違いがあります。一番よくないのが廃墟になることです。どうか地域を挙げてできる限り回避してほしいと願っています。

例えば、旅館業が廃業するとします。その時、法人やその負債を地域内の企業が承継することを目指してほしいと思います…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2021年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ