楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

古い結婚観は日本を滅ぼす

人手がなくて、があいさつのようになりました。これは観光産業に限ったことはなく、いずこも同じ。

しかし、これはあたりまえです。現在70代の団塊世代の出生数は年間270万人、今年50歳の団塊ジュニア世代で210万人でした。それが、今年の20歳は112万人と50歳の半数しかいないのです。昨年生まれた1歳児は80万人を割りました。人口政策に手を付けない日本はいずれ消滅するという本まであります。

それで焦って悪評高い技能実習制度をやめ、家族も帯同できる特定技能2号を拡充しようとしていますが、外国人も経済発展しない日本より自国を選ぶようになりつつあります。外国人労働者を労働者ではなく家族として迎えられるかどうかまさに正念場なのですが、日本人の意識の低さには驚くばかりです。せめて観光産業だけは、温かく迎え入れてほしいと願っています。

政府も少子化対策と称して児童手当などの給付中心の政策を進めていますが、表面的と言わざるを得ません。夫婦の完結出生児数、つまり1夫婦あたりの子どもの数は50年間大きく減っていないことは従前から言われていることです。

問題は、都市化と未婚化です。都市化により都市では幼児人口の減少にかかわらず保育施設が足りません。そして上昇する一方なのが未婚率です。問題はここにあるのにまったく手が付けられていません。晩婚化は世界中で同じですが、日本の未婚率の上昇は特筆ものです。

日本と同じく人口減少しやすい男子直系家族のドイツは専門人材移民で乗り越えています。韓国は同棲でも家族とみなすよう法制度を見直し始めています。

日本人は、なぜ結婚しないのか。それは経済的・精神的な負担が大きいからです…

(井門隆夫=國學院大學観光まちづくり学部教授)

(トラベルニュースat 2023年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ