楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域を支える事業こそ宿文化

天国の松坂健先生、お元気ですか。30年前、先生やリーコの佐藤先生と「これから泊食分離をすべきだ」と主張し、1泊2食は旅館の文化だと反論をよく受けましたね。

バブルがはじけたあの時代は人口減少が始まる直前。1994年の出生数は125万人でしたが、2023年は75万人まで減りました。75万人が90歳まで生き、もう人口が減らないと仮定しても、90年後には日本の人口は4千万人。人口が年間訪日外国人数より少ない国になっているでしょう。

泊食分離も、当時は食事代金を可変させて値下げすべきではないという意義と、連泊を増やすべきだという目標がありました。でも今は、料理人がもういないので、やむを得ず泊食分離をせざるを得ないのです。それでも長期負債を減らしてきたのでできるようになりました。草津や城崎では新しい宿は素泊まり型を採用しています。なんとドラマでも泊食分離で事業再生しようというシナリオが流れていました。

和食は旅館文化ですが、1泊2食は旅館文化と言い続けられない時代になったと思います。

そして外資系のハイアットが箱根と由布と屋久島で温泉旅館経営を始めるそうです。旅館はどんどん変わっていくのでしょう。おそらく同時に不動産投資にまみれ、地元民が移住し始める時代も垣間見えます。90%の観光客が5%の観光地に集中する現在の観光を変えていかない限り、この産業は地域を破壊していきます。これからは名も知られない過疎地にひっそりと建つ小さな宿が地域を支え、一次産業や教育を維持していくことを構想していきたいと思います。地域とつながり、地域を支える事業こそ脈々と続く旅館文化です…

(井門隆夫=國學院大學観光まちづくり学部教授)

(トラベルニュースat 2024年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ