楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

気仙沼版DMO-地域一体を具現化した“強さ”

前回から引き続き、気仙沼版DMO(気仙沼観光推進機構)について解説します。

気仙沼版DMOの運営上の最大の強みは、市内の公的5組織(気仙沼市役所、気仙沼観光コンベンション協会、気仙沼商工会議所、本吉商工会、気仙沼地域戦略)が一つの経営ボード(幹事会=意思決定機関)となり、地域経営の公式な司令塔として市全体の戦略策定と共通目標設定、進捗管理を行っていることです。その機能を確実に果たすため、今年度は幹事会も6回の開催が予定されています。

現地で勉強会参加者が驚いていたことの一つが、幹事会のメンバーである市長と商工会議所会頭、観光協会長が檀上に並ぶだけでなく、統一した見解を述べ、地域が一体となった経営を推進する意思表示をしたことでした。地域経営を推進する上で各組織のトップが集結し、同意見を述べるのは当たり前のように見えますが、実際は様々な意見対立やエゴ、利害関係があり、意外とできそうでできないことです…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2018年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ