楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

自然災害への対応-風評対策もマーケティング

前回の台風と地震による災害時の話題には予想以上に多くの方々から反応をいただきました。今回は災害後の風評被害対策で気になったことをお話ししたいと思います。各地での様々な取り組みに関してはマスコミでも取り上げられていますが、その中には何のための対応なのかと理解に苦しむものもあります。

例えば、某鉄道グループによる某駅前での鹿せんべいの無料配布です。台風21号による被害で訪日外国人旅行者の減少を危惧した観光庁が「関西インバウンド観光リバイバルプラン」として打ち出した事業の一環であり、その目的はリピート客の獲得と安全情報の発信でした。

実際、配布ブースには行列ができるほどの大盛況となったものの、インタビューを受けたドイツ人観光客の感想は「鹿せんべいを買おうと思っていたので、無料でもらえて嬉しい」だけでした。鹿せんべいの配布時にリピーター化や、SNSなどで本当に情報発信してもらえるような取り組みがなければ、単純に「鹿せんべいをタダでもらえてラッキー」で終わったとしても仕方ありません…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2018年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ