楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元中小旅行会社に期待 DMOの担い手

今回は「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」の中間とりまとめの解説ではなく、今春開催された2つの観光関連シンポジウムに登壇した際に感じたことについてです。

5月16日に大阪で開催された「国際的視野で考える日本・関西インバウンドの次なる展開〜観光地経営とDMOs−the UNWTO.QUEST Program〜(主催・和歌山大学国際観光学研究センター、共催・世界観光機関・UNWTO)」と、同月24日に北海道倶知安町で開催された「持続可能な観光による地方創生 国際シンポジウム〜住んでよし、訪れてよしの地域づくり〜(主催・国土交通省観光庁、倶知安町、G20観光大臣会合実行委員会)」に、基調講演の講師とパネルディスカッションのパネラーとして参加させていただきました。

2つのシンポジウムに共通していたことは、日本が観光振興として推進している「インバウンドとDMO」と「持続可能な観光地経営と地方創生」について、グローバルな観点から改めて見直そうとしていたことです。

国際的なシンポジウムや会議に参加するメリットは、多様な人々が高い視点と広い視野でひとつのテーマについて深く議論することにより、個人では絶対に導き出せないような課題解決の糸口を見つけることができることです。

しかし、議論が終わってコーディネーターが話をまとめた後、私の中には毎度出てくる疑問があります…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2019年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ