楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

緊急事態宣言が延長 解除基準の数値目標に望み

政府は8月17日、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の追加及び、宣言が出ていた地域への期間を9月12日まで延長することを決定しました。

これによりCOVID―19感染症対策の制限対象が29都道府県に増えています。また翌18日には40都道府県で新規感染者数(陽性判明者)がステージ4の「爆発的感染拡大」相当となり、厚労省に助言する専門家組織から「全国各地で災害レベルの状況にあるとの認識での対応が必要」と発表されました。

連日のニュースで恐怖心を煽られた方も多かったと思います。観光関連事業者にとっては満身創痍で堪えているところへ追い打ちをかけるような報道でした。

その一方で、同じ17日と18日に政府から発表された別の記事の内容には少しだけですが前向きに捉えられるものがありました。

17日の菅首相の記者会見では、「医療提供体制の確保」が宣言と措置を解除する場合の前提であることが明確に示され、18日には加藤官房長官からも宣言と措置の解除基準を見直す検討に入ったことが発表されています。

特にこれまでの都道府県の感染状況などを各ステージ別で判断する指標から、ワクチンの接種状況や重症者数などをより重視することになったのは大きな転換点となりそうです。宣言発令と解除の判断において「新規感染者数」や「医療の逼迫具合」などの指標で「ステージ4」相当かどうかを目安するのが現状に合わないことは欧米諸国の対応を見ればはっきりしています。

しかも、政府としては新たな宣言期限となる9月12日までの解除を見据えているのか…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2021年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ