楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

行動制限のないGWを検証する 人員確保など受入体制整備が急務

今年のゴールデンウイーク(GW)は3年ぶりに新型コロナウイルスの緊急事態宣言やまん防措置が発令されることなく行動制限がない連休となりました。しかも全国的に人出が前年を大幅に上回り、各地で起きた混雑や渋滞を様々なメディアが連日報じていました。

某調査会社による位置情報データ(GW中日の5月4日正午時点)の分析結果では、前年に比べて約3割増から倍増したところまで地域によって大きな差が出ています。特に都心から近い軽井沢や箱根などは新型コロナウイルス感染拡大前の実績を超えるほどでしたが、国内屈指の人気デスティネーションである北海道や沖縄は前年よりは大きく回復したもののコロナ禍前の集客数には届いていません。

今年のGWは最長9連休も可能だったこともあり、全国各地でリベンジ&リバウンド消費による売上増や長期滞在が大きく期待されていました。しかし、結果は「安・近・短」を中心としたミニマム&マイクロツーリズムの流れを変えることはできませんでした。

インバウンドに関しては、相変わらず日本政府が上限1万人の入国制限を続け、観光目的の訪日外国人旅行者を締め出しているために苦しい状況が続いています。その一方でアウトバウンドは海外旅行へ出掛けることが可能となったため、ハワイを中心に新型コロナウイルスの入国制限が緩和されている国や地域を中心に復活の兆しが表れています。コロナ禍で海外旅行へ行きたくても行けなかった人たちの中でもビーチリゾート派は沖縄を代替場所としていたのですが、ハワイ渡航が解禁になったことで沖縄の集客には少なからず影響を与えたとも考えられます…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2022年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ