楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

財源確保のための受益者とは 世界水準のDMO検討会12

前回は「世界水準のDMOのあり方に関する検討会※以下、検討会」の中間とりまとめ「Ⅱ.DMOが抱える共通的な課題について」の「ⅱDMOの組織・財源・人材(人材育成)について」の項目の中でも「財源について、多くのDMOでは安定的かつ多様な財源の確保の点で課題を抱えている。特に受益者負担の視点を踏まえた特定財源の確保の取組の例は少数に留まっている」ことを検討会が最も懸念していることを挙げました。

もちろん、検討会が指摘するまでもなくすべてのDMO法人の最重要課題が財源確保であることは周知の事実です。しかも、これまでの観光協会や連盟、コンベンション協会などと同じく公的資金がなければ人件費すら確保することができません。一部の地域では入湯税率の引き上げや宿泊税の導入などで新たな財源を確保しようとしていますが。ほとんどの地域では成す術もないまま時間だけが過ぎ、交付金が切れた後の手立てを講じることができない状況に追い込まれています。

前回指摘した通り、DMO法人が物販や着地型ツアー・プログラムの企画・販売、宿泊手配などの事業化に取り組んだとしても、それらの事業による収益だけで自主運営が可能な財源を確保するのは至難の業です…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ