楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

心遣いで無限に進化

小規模なのに人気が高く、予約が困難な某宿。拍車をかけて常連客に迷惑をかけないためか、マスコミには決して登場しません。よって事前情報がなく途方に暮れましたが、後から到着した常連らしき人が廊下で同行者に得意気に説明するのが聞こえました。

この宿では客室に冷蔵庫がなく、廊下の一角に設置したコンビニのようなガラス扉の冷蔵庫でジュースや酒類を格安販売。飲料の持ち込みも歓迎で追加料金の徴収がない上に、持ち込み専用の共用冷蔵庫も完備。さらに食事処にも持ち込み可能と聞き仰天しました。

なぜそこまで客の立場でサービスできるのか、あまりにも不思議なので持ち込み歓迎の理由を女将に聞くと「小規模宿では飲料の種類を十分に揃えられないので、好きな飲み物を自由に持ち込んで楽しんでいただくことにした」とのこと。斬新なサービスを考え出そうとしたわけではなく、純粋に「思いやりと心遣い」を発揮した結果だというのです…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2018年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ