楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

送迎で差別化、常連客もうなる 草津温泉ホテルおおるり(群馬県)

2018年12月17日(月) 宿専用の遠距離送迎バスで草津に宿泊。同室の友人は一足先に現地で温泉を巡り、バスは私一人だけという変則的な利用にも柔軟に対応。普段はマイカーなので不安ばかりで、最大の心配はトイレ。しかし、60分から90分ごとに休憩があり杞憂でした。

周囲の人との関係も心配でしたが、そこは人生の達人である年金生活の高齢者の方々。運転手のあいさつを聞いて「愛嬌があるから大丈夫だ」と、ユニークな審美眼を披露する人もいて興味が尽きません。バスの中は禁酒・禁煙で酔客トラブルもなく、トイレが近くなることもありません。東京近郊の各駅を出発したバス群が途中で一旦集合し、目的の温泉別に乗り換えを実施する複雑な運行ですが、座席が正しく確保され続け感心しました。

旅好きが多いので情報交換が始まりますが、皆おおるりグループの常連なので褒める声ばかり。中でも、送迎バスの特徴の解説には驚きました。他社は運転手が日帰りで、帰りのバスは午後に出発。チェックアウトが午前なのに午後まで待たされ、バス到着が遅れると出発も遅延。東京到着が深夜になったという体験談もありました。運転手も早く帰りたいので、帰路は運転が乱暴になる傾向もあるとのこと。

しかし、おおるりは運転手も現地で1泊。翌日は午前中に出発し、バスも始発なので定刻に発車。運転手も休養十分で、丁寧な運転で夕方には駅に帰れるのがありがたいとのことでした…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2019年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ