楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   交通

交通

ANA 10月29日から成田-パース線を週3往復で運航再開

23/10/27

ANA(全日空)は10月29日から成田-パース線の運航を週3往復(水・金・日)で運再開する。運航再開は2020年以来3年ぶり。 パースは西オーストラリア州の州都で、日本との時差は1時間。200以上のワイナリーが点在するプレミアムワイン...

東武トップツアーズと商船三井さんふらわあが、スタッドレスタイヤ無料キャンペーン

23/10/24

東武トップツアーズ(東京都墨田区)は、商船三井さんふらわあ(東京都千代田区)が大洗港(茨城県)-苫小牧港(北海道)で運航するフェリーの冬期・閑散期の利用促進を図るため、11月1日から、「スタッドレスタイヤ無料レンタルキャンペーン」を実施する...

MITSUI OCEAN FUJI

商船三井クルーズ、新ブランド名「MITSUI OCEAN CRUISES」を発表 第1弾船は24年12月に投入

23/10/23

商船三井クルーズ(上野友督社長)は10月12日、新しいクルーズブランド名を「MITSUI OCEAN CRUISES」を発表した。また2024年12月に投入する第一弾のクルーズ船の名前を「MITSUI OCEAN FUJI」に決めたと明らか...

ブースの様子

バス運転手志望者が大阪会場に201人来場、リッツMCが「どらなびEXPO2023秋」スタート

23/10/10

日本初のバス運転手専門の求人サイト「どらなび」を運営するリッツMC(東京都港区、中嶋美恵社長)は9月30日から、国内最大級のバス運転手専門の就職イベント「どらなびEXPO2023秋」を開催している。同日は、大阪・梅田のハービスホールで開催さ...

いざいざ奈良

唐招提寺御影堂特別公開などで悠久の旅へ JR東海「いざいざ奈良」、秋は西ノ京・平城宮跡エリアが舞台

23/10/05

JR東海が展開している奈良を舞台にした観光キャンペーン「いざいざ奈良」の第4弾、秋は西ノ京・平城宮跡エリアにスポットを当てて展開する。世界遺産「古都奈良の文化財」に登録されている唐招提寺や平城宮跡があり、シルクロード終着点として悠久の歴史を...

西九州新幹線かもめ

武雄温泉―長崎間は約242万人が利用 西九州新幹線開業1年目の利用状況、一定の効果得る

23/10/04

JR九州は9月25日、西九州新幹線の開業1年目の利用状況を発表した。武雄温泉―長崎間の利用人数は約242万人で、対前年度比88%増、コロナ前の2018年度比2%増。一定の開業効果を得た。 西九州新幹線は22年9月23日に開業。同区間の...

北陸DC

日本の美は、北陸にあり 10―12月に北陸プレDC開催

23/09/29

福井県、石川県、富山県の北陸3県と北陸経済連合会とJRグループは、2024年10―12月に開催予定の大型観光キャンペーン「北陸デスティネーションキャンペーン(DC)」を1年後に控え、今年10―12月にプレキャンペーンを展開する。例年の「Ja...

テラモーターズ

「6分で100キロ」25年度までに東京でEV充電器1000カ所設置、テラモーターズ

23/09/26

電気自動車(EV)の充電器事業などを手掛けるテラモーターズ(徳重徹会長、上田晃裕社長)は9月26日、2025年度までに東京都内約1000カ所に「超急速充電器」を実質無料で設置することを発表した。総事業費100億円超。日本国内平均40kwの約...

飛鳥Ⅲは25年夏に就航 郵船クルーズが発表

23/09/25

郵船クルーズは9月14日、2025年夏に就航予定の新造客船の船名を「飛鳥Ⅲ」とし船籍港(母港)を「横浜」とすることを発表した。飛鳥Ⅱは継続して運航し、郵船クルーズは2隻体制になる。 飛鳥Ⅲは、総トン数5万2千トン。飛鳥Ⅱの5万444ト...

「バス営業所見学ツアーin川崎鶴見臨港バス」に24人参加、リッツMC

23/09/12

バス運転手専門の求人サイト「バスドライバーnavi(どらなび)」を運営するリッツMC(東京都港区、中嶋美恵社長)は8月26日、「バス営業所見学ツアーin川崎鶴見臨港バス」を開催した。バス運転体験や車両工場見学、座談会などを実施。バス運転手志...

交通 アーカイブ

購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ