楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人の改革-組織全体見直し若手を育てる

味覚・食欲・行楽の秋。暑い夏が過ぎ、出歩く機会も多くなる時だと思いますが、旅館ホテル業にとっては集客の難しい秋となりそうです。春から今にかけて、お盆はともかく、どこも利益の少ない苦しい時を過ごしているのではないでしょうか。

この閑散期を利用してリニューアルをしているところも多いようですが、少し玄関を変える、少しお食事処を改装するくらいの中途半端なやり方では難しいように思います。かと言って、大々的なリニューアルをするには、莫大なお金と時間が必要でしょう。思うように動けないことは経営者としては辛いところだと思います。

ただ、日々業務を動かしながらでも改革していくことができる部分はたくさんあります。「後継者を育てる」「人手不足の解消」「従業員の教育」です。

学生が卒業し、希望いっぱいのなか社会人の一歩を踏み出しますが、慣れない環境で戸惑いも多く、できないことや不満が増え、最近ではそれに我慢できずにすぐ辞めてしまう人がとても多いように思います。結果、人手不足、中堅どころの不足につながっているわけです。

フロントの人間にも礼儀や一般常識がなく、いくらこの前まで学生だったとはいえ、そんなことも知らないのかと驚くこともよくあります。料理人は特に複数のことを同時に教えていきますが、器用に覚えていくことのできない者がとても多いと感じます…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2018年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ