楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

お客様第一 社員の思い聞く時間を

春節祭の時期は日本の観光地も中国の方々でいっぱいになりますが、今年は少し様子が違いました。新型ウイルスの拡大により大きな打撃を受けている旅館ホテルも多いのではないでしょうか。

予防は必要です。私の旅館でも除菌スプレーやマスクの設置を増やし、お客様にも気軽に使っていただけるようにしました。地域によっては本当に社会問題であり規制せざるを得ない状況であることも致し方ないのですが、ヒートアップしていくニュースを見ると過剰報道によってマイナスな空気が漂うのも心苦しいと感じてしまいます。

年末年始には、不正予約による被害を受けたホテルの記事なども出ておりました。「お客様第一」を貫く旅館ホテル業界としては本当に難しい問題だと感じます。

この「お客様第一」の考え方も、これまでの業界の考え方とでは差が出てきているのも事実です。お客様に合わせて何時まででもお食事を待つのが当たり前と考えていた旅館も、若い世代が多くなるにつれ「待っていられない」「残業時間が増える」と自分の労働への負担を一番に考える者が多くなりました。どちらが正解なのか正直私にもわかりませんが、さばさばと自分のことだけを考えている者を見ると寂しく感じてしまいます。

自分の仕事の中で何を大切にしているか、人生の中で仕事へのスタンスはどの位置を占めるのか、上司やお客様に認めてもらえるような人間になりたいと考えている者はどれだけいるのだろうと思います。私も日々の忙しさにかまけて時間をさけていないこともあるのですが仕事への熱い思いを弟子たちから聞く機会が少なくなりました…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2020年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ