楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

耐える!ホテル業界 休館相次ぐも新たな商機も

新型コロナウイルスにより観光業界は大打撃を受けている。とりわけ関西のホテル業界はインバウンド需要に対応し、ホテルの開業ラッシュ。ただでさえ、客室稼働率や客室単価の下落傾向が続くなかで、である。

ホテルの客室稼働率を見ると、これまでに聞いたことのない数字が出てくる。ホテル専門の英調査会社STRが公表した国内ホテル約1千軒の3月の稼働率によると、東京は23・5%、大阪は22・8%とのこと。これは世界でも変わらず、全米で約21・6%。なかでもハワイ・オアフ島のホテルは約7%という。厳しい現状が見えてくる。

大手チェーンでは休業をするところも多い。阪急阪神ホテルズは、昨年開業した約1千室の「ホテル阪急レスパイア大阪」、インバウンドを主力にしていた「ホテル阪神アネックス大阪」(254室)など計7軒を5月31日までクローズ。京阪ホールディングスは「ホテル京阪 天満橋」(315室)、「ホテル京阪 京都八条口」(234室)などチェーンホテル21軒のうち大阪府と京都府、東京都の12軒を当面の間、休業する。また4月27日開業予定だった「ホテル京阪 京都駅南」(200室)の開業日を6月1日に延期する。

日本初進出の京都の「エースホテル京都」(213室)も開業を4月16日から5月21日にした。

さて、気になるのがゲストハウスや民泊である。「交流」を売りにしている施設が多く、構造的に密接度が高い。しかもインバウンドを主力に取り込んでいるところが少なくない。

大阪市内で約10カ所の民泊施設を運営するベンチャー「FURUEL(フルエル)」は、日本酒を飲んだり、風呂敷を使った遊びを楽しんだりと、日本文化を体感できるのが特徴。利用客の多くが中国人だったこともあり、客室稼働率は1月に8割あったのが、2月に下落、3月以降、ほぼゼロの状態だという。

同じく大阪市内などで約500室の民泊施設を運営する「グローバルコムズジャパン」も3月以降、予約が滞り、4月は新規予約なし。どこもかしこも厳しい。

驚いたのが、JR西日本とカプセルホテル大手のファーストキャビンの合弁会社、JR西日本ファーストキャビンの解散である…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ