楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

激戦区大阪で示す“先見の明” ヒルトン大阪

大阪駅前を中心に再整備が進み、外資系ホテルの進出が相次ぐ大阪市。今年は6月にコンラッド大阪(大阪市北区、164室)が開業した。こうした外資系ホテルの先駆けとなるのが1986年開業の「ヒルトン大阪」だ。大阪・西梅田駅すぐという立地の良さと欧米のホテルらしい雰囲気が漂い、ロビーにはつねに多くの人が集う。

その「ヒルトン大阪」が10月から改装工事に入る。総工費約28億円という大規模なもので、レストラン部門を見直し、客室や宴会場の新設など、さらにホテルの魅力と利便性を高めていく。レストランフロアの大規模改装は開業以来初めて。

ホテル2、3、10階の3フロアを一新。3階にある日本料理と中国料理レストランを閉店し、2階にレストラン施設を集約する。既存のブラッセリーを閉店し、オールデイダイニング(116席)、グリル料理(64席)、寿司・鉄板焼き・会席の日本料理店(90席)を配置する。個室2室や日本酒のバーカウンター、ワインルームを併設し、おしゃれな内装デザインでまとめ、多彩な食の楽しみを提供する…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2017年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ