楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

43億円投じ商品力強化 ホテルグランヴィア大阪

11月1日、ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区)が19階の和食レストラン・日本料理「大阪 浮橋」と「なにわ食彩 しずく」、そしてフロント・ロビーを移設し、それぞれリニューアルオープンした。約43億円を投じて、2016年から着手している館内改装工事で今回が第1期となる。

大阪市内ではここ数年インバウンド需要が急増し、宿泊特化型ホテルの開業ラッシュが続く。今後約1万6千室の増室が見込まれる。JR大阪駅すぐに立地し、761室を有する同ホテルはここ5年間で約90%という高稼働を示している。宿泊人数は1983年の創業当時が年間約19万人だったのが、現在はその倍の約38万人になり、従来は約7割だったビジネス客が約5割に減る一方、レジャー客が3割から5割に増えた。もちろんインバウンド比率も2%から約30%と飛躍的に拡大している。

改装工事は、こうした状況に対応し、シティホテルとしての商品力を強化するとともに、差別化を図り、さらに需要の取り込みを図る、というねらいである。

レストラン2店舗はシティホテルの強みを発揮し、インバウンドの来日目的として関心が高い和食を充実させるためで、内装に加え料理を一新。

日本料理「大阪 浮橋」は店舗面積約297平方メートルで、伝統的な本格会席を提供する店舗として完全個室化。19階からのロケーションをいかし座敷3室、テーブル席10室を備え、2名から最大20名まで対応する。計92席。朱赤や金・銀などを日本古来の色彩を活用し、源氏物語にちなんだ店名「浮橋」と合わせて、個室を「桐壺」「浮舟」などと名づけた。サービススタッフは着物姿で応対し、日本情緒を演出する…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ