楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本酒と古都華ソーダ割 奈良しゅわボールフェア

先日、奈良市の「奈良ホテル」で「奈良しゅわボールフェア」の概要が発表された。「奈良しゅわボール」というのは、奈良で醸造された日本酒「奈良酒」を炭酸水でわった奈良独自のハイボールのこと。新たな日本酒の飲み方を提案しており、以前から夏のドリンクとして打ち出し、好評を得ていた。今回さらに春先に向けて、奈良産のイチゴ「古都華(ことか)」を使ったハイボールを開発。奈良市内のホテルや旅館などの宿泊施設や飲食店など約120店舗で提供している。

題して「奈良しゅわボールフェア」。奈良しゅわボールの発案者でもある地元酒造メーカーの株式会社泉屋代表取締役・今西栄策氏を会長とし、奈良市観光協会や奈良市飲食店組合などで構成する「奈良しゅわボールフェア実行委員会」が主催。経済産業省近畿経済産業局や県、奈良商工会議所、奈良県酒造組合、株式会社南都銀行、奈良交通株式会社が後援する。期間は1月12日から3月末までで、この期間「古都華」が旬を迎える、もっとも美味しいシーズンという。

奈良市は日本酒の発祥の地。奈良で作られる酒を先ほども書いたが「奈良酒」という。これまで夏場のドリンクとして「奈良しゅわボール」を打ち出していたが、奈良酒の新酒は冬場に作られることから、同時期に旬を迎える「古都華」とのコラボレーションが生まれたというわけだ。

「古都華」は色つや、味ともに最高級。丁寧に大切に作られたイチゴである。そこで「古都華」で作ったソーダで「奈良酒」を割り、「古都華」を浮かべた「奈良しゅわボール」が誕生。見た目も華やかで味も爽やか。どのような料理にも合うドリンクといえる。

基本的に「奈良しゅわボール」の味は3種類。バーテンダーのオリンピック「ディアジオワールドクラス2013」で世界総合3位になった宮﨑剛志さんが考案し、夏場のシーズンに提供してきた。「古都」(プレーン・日本酒を炭酸水で割る各銘柄の味わいを楽しめる味)、「暁」(ビネガートニック味・日本種の旨味とトニックウォーターの清涼感にアクセントでリンゴ酢をプラス)、「若草」(ライムジンジャー味・日本酒、ライムシロップ、ジンジャーエールでつくるリフレッシュできるさっぱりとしたライム味)である…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2022年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ