楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

キャプション by Hyatt なんば 大阪 地域との関わり体感

2025年の大阪・関西万国博覧会を見据えてホテル開業ラッシュが続く大阪市に6月12日、ハイアット・ホテルズ・コーポレーション(米国・イリノイ州)が、ライフスタイルホテル「キャプションby Hyatt なんば 大阪」を開業した。キャプションby Hyattは、ハイアットが2019年に発表した地域に密着したカジュアルでユニークなライフスタイルホテルで、メンフィス(米国)、上海(中国)に次いで今回が世界で3か所目。日本では初進出となる。

場所は、大阪の台所として知られる黒門市場や道頓堀、大阪のお笑いの発信拠点・なんばグランド花月などが徒歩圏内という飲食店舗が軒を連ねる通称“裏なんば”と呼ばれるエリア。

ホテルは、敷地面積約959平方メートルに地上11階建て、延床面積約6107平方メートル。1階に「Talk Shop(トークショップ)」、2階以上に客室167室を配備し、24時間営業のフィットネスセンター、ランドリーを備える。

サンケイビルが経営し、同社とハイアットの関連会がフランチャイズ契約を締結、グランドビスタホテル&リゾーツが運営する。

ホテルは、宿泊客だけでなく地元客にも焦点を当て、ホテルに集まる人々が創りあげる、すなわちホテルが真のコミュニティーになるようにデザインされている。その特長的な施設がトークショップだ。

朝7―22時まで営業し100席。宿泊客に限らず、地元客などが仕事をしたり、友人とおしゃべりしたり、読書をしたり、好きに過ごせる空間なのである。飲食施設を備え、また人気書店・スタンダードブックストアの店主がセレクトした本を用意するなど、多彩な楽しみを提案する。

料理は「大阪産釜揚げしらすとトマトの和風パスタ」(1300円)、「黒門市場直送 海鮮丼」(1700円)、「串カツの盛り合わせ」(850円)などをはじめ「ミックスジュース」(850円)、「上方ビール」(2000円)など、大阪独自のメニューを揃えた。

さらに、老舗たこやき店舗・たこ焼き道楽わなかの職人が、家庭でもたこ焼きを作ってほしいという思いから…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2024年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ