楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ダイヤモンド・プリンセスのウイルス禍

年間を通して日本発着クルーズを行っている「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で、新型コロナウイルスの集団感染が発生した。

同船が横浜港を出港して2週間あまりの東南アジアクルーズに向かったのが1月20日。乗客の中に香港から空路来日して乗船し、1月25日に香港で下船した客に新型コロナウイルス感染が判明した。ちょうど同船が2月1日に那覇に寄港中のことだった。乗客乗員の検疫および入国審査も那覇で済んでいて、後は予定通りに横浜まで帰るはずだったが状況は一変する。日本政府は再検疫を決定し、船はスピードを上げて2月3日夜には横浜沖に到着して、症状のある273人の再検疫が行われた。

その結果、10人の感染者が判明して、4日朝から乗客全員の2週間の客室隔離が始まった。隔離終了までの間、感染者が連日判明したが、これは症状のある人だけに五月雨式に検査を行った結果であり、専門家は船室での隔離開始後の乗客間での感染は防げたと判断して、ウイルス検査が陰性だった乗客の帰宅が19日から順次行われた。この時点での感染者数は621人に上った。

最初の感染者が横浜乗船時には症状がでていたことから、16日間のクルーズ期間全体にわたって船内で感染が広がったこととなり、1人が1・5人に感染を広げると600人を超える計算になる。この数字からすると、政府の水際対策がクルーズ客船については成功したこととなる…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2020年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ