楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

インバウンド交流は美談? 地域や業界で対策練る時代

19/01/28

最近、少なくない事業者が「インバウンドはマーケティング上販促対象としていません」と言い始めています。

これまでインバウンドに関しては多少のマイナス面よりプラス面に目を向けてきました。しかし「観光公害」という言葉が生まれているように、現場では「交流」という美談ばかりではないことが各地で露呈しつつあります。

OTAに在庫を出しても在日ブローカーが買い占め、転売されるのがオチ。メタサーチで正月を数十万で売られたり、何が起きるかわからないのです。

先日も滞在していたホテルで、ある国の外国人宿泊客グループからの妙な言いがかりに遭遇しました。「前夜、あなたとレストランで飲んでいた方たちが私たちの国の悪口を言っていた」と怒りながら英語でおっしゃいます。しかし、その方たちも、そんな話題も記憶にありません。しかし、「その方と連絡を取ってほしい」と言います。ちゃんとその方たちが出ていくのを見届けているのにです。その時に直接主張すれば済む話です…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ