楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

江戸川乱歩原作のお芝居

僕のようにサブカルチャー的演劇もなるべく見に行こうという人を集合Aとする。

また江戸川乱歩の世界をこよなく愛する人が集合B。

それで、二つの集合がダブるAかつBの部分、ここに身を置くものには、やや辛いのがこの1、2年のこと。なにしろ乱歩の原作をモチーフにした演劇やパフォーマンスの多いこと。付き合っていたら、小遣いがなくなっちゃう。

今年だけでも『孤島の鬼』あり『恐怖王』あり、『芋虫』ありで枚挙に暇がない。

メジャー系でも、黒木華が主演した『お勢登場』などは、なかなかの傑作だった。それに2018年新春早々には中谷美紀の緑川夫人、井上芳雄の明智で大作の『黒蜥蜴』(三島由紀夫脚色)が待っている。

乱歩さんの世界は、倒錯していて、グロテスクへの傾き、ほのかな男色趣味、名探偵登場の華やかさなどがあって、いかにも舞台的だ…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2017年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ