楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ショーケン、萩原健一さんの死に思う。」 腹八分目の人生なんて、くそくらえ!

黒澤明監督のあまり褒められない映画『デルス・ウザーラ』について、「あれは、カスタネダのドン・ファン本やラテンアメリカ文学のマジック・リアリズムと似ているんですよ。(中略)ウザーラが森の神の虎を撃ってしまって、眼が見えなくなる。あれは『大菩薩峠』でしょう。巡礼のおじいさんを斬るのと変わらない」というコメントをする人がいた。

帝政ロシアの冒険探検家の映画について、さらりと気負わず、南米文学や中里介山のニヒリズムの類比が出てくるなんて、深い教養の持ち主だと思うが、このコメントの主が先ほど亡くなったショーケンこと萩原健一さんだ。

ショーケンは自他ともに認める無頼派であることは間違いないが、無頼イコール乱暴なだけの人生じゃない。高卒だというが、グループサウンズ卒業後、俳優を目指した彼は、誰にひけらかすこともせず、豊饒な読書生活を送ってきたようだ。そんなショーケンの思索者としての側面を誰も報道していないのは、本当に怠慢だ。

そのことは2010年10月にワニブックスプラスという新書で出版された『日本映画[監督・俳優]論』を読めばわかることだ…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2019年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ