楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「何のために?」を最後まで議論 世界水準のDMO検討会3

昨年12月20日に第4回「世界水準のDMOのあり方に関する検討会(以下、検討会)」が開催されました。

全体日程の決定が遅く、スケジュールの関係で第1、2回目を欠席した山田拓氏や私のように3回目から初めて出席する者にはこれまで発言機会がありませんでした。検討会終了直前に「なぜ委員に発言させないのか? DMOからのヒアリングだけで議論の時間がないのはおかしい!」と質問したところ、事務局と座長から次回の検討会での発言を確約されたので第4回検討会には期待して参加しました。

ところが、今回も各地のDMOからのヒアリングと質疑だけで検討会が終わりそうになったため、慌てて座長にメモを回し、最後に少しだけ発言の機会を得ました。5分程度しか時間がなかったので私からの発言はすべて事務局への質問でした。

その内容は「日本版DMOの推進はそもそも何のための政策なのか? 経済政策か否か?」と「組織論だけでなく、地域全体の稼ぐ体制論が必要ではないのか?」「体制論ならば、地域のガバナンスや組織間連携などを中心に論点整理することが必要ではないか?」です。これらの質問に対して事務局からは明快な回答がなかったのがとても残念だったのですが、室長からの説明では日本版DMOの施策と事業化は基本的に「経済政策」だと受け取れました。

来月開催される予定の第5回目の検討会ではDMO法人からのヒアリングもなく、やっと本格的な議論が始まることになると思います…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2019年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ