楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

特別編・隠岐・海士町へ行く-島の高校生に驚愕し感心

「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」が出した中間とりまとめの解説を楽しみにしている読書の方々にはたいへん申しわけないのですが、今回も前回と同じくDMOとは関係のない話題になります。

今月6、7日の2日間、観光庁田端長官とともに隠岐諸島を訪ねました。海士町が7日に主催した「島の観光会議〜地域におけるこれからの観光の役割とは〜」に田端長官と私が講演講師とパネルディスカッションのパネラーとして招かれたのです。

その前日の6日は西ノ島町を視察した後、午後から海士町の学習センターで「未来を担う島民との意見交換会」に参加しました。役場や関係者から観光に関わる様々な報告を聞かせていただいたのですが、地域振興のお手本と言われる海士町が長年にわたって取り組んできた活動とその実績はどれもこれも他地域のロールモデルとなるようなものばかりでした。

数々の事例紹介の中でも最も素晴らしかったのが、隠岐島前高等学校ヒトツナギ部に所属している現役高校生からの発表でした。特に10年前にスタートした「観光甲子園」で初代グランプリを獲得した時から現在まで続いている交流事業については、地道な取り組みではありますが、生徒が入れ替わっているにも関わらず内容が進歩・進化していることに驚愕しただけでなく、プレゼン自体も大学生と比べても負けないぐらいの質と堂々とした態度に感心してしまいました…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2019年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ