楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

世界水準のDMO検討会13 受益者負担は旅行者への還元が基本

前回、世界水準のDMOのあり方に関する検討会(以下、検討会)」の中間とりまとめの中で「財源について、多くのDMOでは安定的かつ多様な財源の確保の点で課題を抱えている。特に受益者負担の視点を踏まえた特定財源の確保の取組の例は少数に留まっている」ことがDMO運営における大きな課題であると指摘しました。

特に「受益者負担の視点を踏まえた特定財源の確保」に関しては、受益者を「旅行者」と「事業者」に分け、前者ならば入湯税や宿泊税などの税制や入域時や環境保全などに対しての協力金、寄付があり、後者ならばDMO法人への会費や協力金などを基本的な財源にするべきだとしました。

今回は「受益者の受益とは何か?」と「負担のあり方」を再度考えてみたいと思います。ここで重要なのは財源を確保するだけでなく、何に対して予算を執行するのかという目的からも受益者の負担を考えることです。

まずは「旅行者=受益者」とした場合、地域のインフラや公的なサービスなどを住民と同様に利用しているにも関わらずフリーライダー化していることが問題となっているため…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ