楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

夜間の反射を活用 インスタ映えで観光地復活

2019年2月28日(水) インスタ映えは2017年の流行語大賞ですが、その人気は高まる一方。人工的に造ることが可能なタイプもあり、特にピンク一色のスポットと天使の羽に代表される壁面アートは比較的容易。しかし、規模とセンスを問われることは避けられないので、芸術家の参加が欠かせません。

既存観光地をインスタ映えで蘇らせた事例もあり、典型例が新潟県の清津峡トンネル。3年ごとに開催される大地の芸術祭でマッド・アーキテクツの作品「ライトケーブ」が設置されると、インスタ映えすると話題沸騰。要は水盆を設置して清津峡の絶景が写り込むようにしたダケですが、リフレクションの活用はインスタ映えの中でも、最も手軽で最も重要と言えます。

温泉地のイベントでも、リフレクションを活用中。熊本県・山鹿温泉のイルミネーション「山鹿灯籠浪漫・百華百彩」では、和傘のライトアップがインスタ映えすると話題。下に反射させた写真が定番の構図になっていますが、ここでは水盆ではなく鏡石と呼ばれる石のリフレクションを活用。順番待ちの列ができていると九州の友人に聞きました。

その話を聞いたこともあり、草津温泉で鏡石と同様の効果を発揮しているものを偶然発見しました。近年、湯畑周辺のライトアップがリニューアルされて、夜の風景が一層美しくなっている草津ですが、それは既存の施設前にありました。みぞれ混じりの悪天候の中で、白旗源泉の前にある杭の先端に周囲のライトアップが写り込み、光輝いているのを発見したのです。慌てて撮影したのが、掲載した写真です…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2019年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ