楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

抗わず、やり過ごす 緊急提言・新型コロナウイルス禍、観光業界が今できること(2) 「次回半額」で集客する宿も

逆境にくじけず前を向く

―今世の中が過剰反応というか、ムードに流され過ぎるきらいがあるから、まずは風潮を変えるのは大事。具体的な話は聞いていないか。

 大手旅館チェーンは3月末までに宿泊すると、次回半額で泊まれるクーポンを発行している。毎日8割の客室に灯りがついているそうだ。HPで予約状況をみるとほぼ満室だった。それを知ったある旅館は同様な取り組みを始めて、集客に努めると言っていた。

 インバウンドで100%近い稼働だったホテルは今、稼働が2桁に届くかどうかの状況だそう。ホテルスタッフは観光施設もスポーツ大会も休止されている中、来てくれる宿泊客に、なにを楽しんでもらい、どう感謝の気持ちを示したらいか、に腐心しているという話を聞いた。こんな状況下、どうおもてなしできるのかが問われている。

 ある旅館の社長。客足がさっぱりで元気をなくしている姿を見た娘からラブレター。「パパがんばれ まけるなしゃちょう しごとがんばれ」。ざわついている親の心を娘に見透かされて奮起したとか。

―いい話だ。

 ある温泉地では、コロナビールとカツカレーをセットにして販売を始めた温泉街の食堂がある。メニュー名は「コロナに勝つ!」。温泉地への支援と思って作ったメニューだとか。

―国の支援もあるが。

 セーフティネットや助成金などもあるけど、知り合いの経営者は借金が増えるだけ、と利用に否定的だった。国には、収束となった時に家計の支出意欲が戻ってくる施策を期待したい。

 視点を将来に移してみるのもいい。やがてコロナは去り、地震や津波と違い、道路も鉄道も空港、家も学校も残り、旅行者も必ず戻る。その時に何ができるか、するのか。来年の今ごろ、去年は大変だったと、居酒屋で酷かった自慢をし合っているといいな。

(トラベルニュースat 20年3月10日号)

(前の記事)抗わず、やり過ごす 緊急提言・新型コロナウイルス禍、観光業界が今できること(1) “種まき”の貴重な時間に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ