楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本料理の国際化−人、国を料理でつなぐ

人手不足・経費削減の策として、先日もトイレットペーパーの使い方など書かせていただきましたが、アメリカに出向させていただいたときには改めて感じることがたくさんありました。文化の違いもあるかとは思いますがホテルなどでも当たり前のように使い捨て紙コップを使っているところがたくさんあります。

実は私の旅館でも紙コップは多用していますが、皆様自由に気軽にお使いいただいています。昔はアメニティの一つひとつにも高級志向が見受けられました。今は安価でも使いやすい、目を引くものもたくさんあります。多方面にアンテナを張って、よりよいものを見つけられるよう、従業員もオーナーも意識することが大切ではないかと思いました。

また、反対に海外ならではの粗雑なところも見受けられ、食材の無駄を多く感じました。日本料理は特に、食材の無駄を省くため、下処理後に余った素材を別メニューに取り入れることが多くあります。もちろんこれには、細やかな職人ならではのアイデアや技術が必要です。確実に取り入れているところもあれば、時間や人手が回らない場合、加工が施された業務用食品を活用することも一つの手です。食材原価も人件費も様々な工夫をすることで飲食店、旅館ホテルをマネージメントすることができるわけですが、これは海外だけでなく、日本もまだまだ努力していくことができるはずですね…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ