楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

築百余年の古民家で地域活性 潮待ちホテル櫓屋

今や世界を恐怖におとしめている新型コロナウイルス。予想もしないことで、これまで活況を帯びていた観光業界もぱったり止まってしまった。キャンセルが相次ぎ、大阪市内のホテルの稼働率は約4割弱という。観光業界にとっては試練ともいえる状況だ。しかし、震災や経済不況などこれまでも耐えてきた、今も、これからも耐えられる、そう祈りたい。

そうだ。環境変化に敏感に影響を受け、弱いようにみえるが、意外と根性があるのが観光業界である。長い年月かけて観光を切り口に地域を活性化するには、相当の努力がいるし、忍耐もいる。これで終わりというのはなく、永遠に続けていかなくてはいかないのだ。継続は力なり、とは、まさに観光業界ではないか。

前置きが長くなったが、今回ご紹介する「潮待ちホテル 櫓屋」を運営する鞆スコレ・コーポレーション(広島県福山市)は鞆の浦にあって、創業約110年の老舗企業。「景勝館 漣亭」「鴎風亭」「汀邸 遠音近音」を展開している。

4軒目となる「潮待ちホテル 櫓屋」は、築約100余年の古民家を改装した古民家ホテル。潮待ちの港として、江戸時代の港の設備をはじめ町並みが往時のままに残されている「重要伝統的建造物群保存地区」に認定された、その一角にある。

鞆の浦は港町の歴史・文化・暮らしをテーマにしたストーリーが日本遺産に認定されており、瀬戸内海の多島美も含めて、恵まれた観光資源を持つ。ただ、広島市など比べ、インバウンドも少なく、入域客が伸び悩んでいる現状もある。そうしたなか、同社は長年、地域の活性化に取り組んできた。古民家ホテルもその一環ともいえる。

港町鞆には、多くの古民家が存在する。高齢化や過疎化も進んでいる現状をふまえて、残されている古民家をいかし、交流人口を増やすにはどうするのか。

そこで出てきたのが宿泊であった…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ