楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

銭湯はじめ遊び場スペース充実 梅小路ポテル京都

10月14日、京都市下京区に「梅小路ポテル京都」が開業した。京都駅から徒歩で約15分。京都水族館に隣接し、京都鉄道博物館に近いという好立地だ。

「Potel(ポテル)」はJR西日本グループが展開する新ホテルブランドで、「京都」にこだわり「京都」を楽しむ「京都」にあるホテル。旧JR西日本の社宅跡地に地上5階建ての本館と同2階建ての別館の2棟で構成している。

本館は1階にレストラン、カフェなどを整備し、2階以上が客室で計144室を配置。別館には銭湯、梅小路醗酵所を備える。運営は、ホテル「セトレ」シリーズを運営するホロニック(神戸市)とジェイアール西日本ホテル開発、JR西日本が出資し設立したJR西日本ホロニック(京都市)が担当する。

Potel(ポテル)は物質や文化の出入口を語源とする「Port」と「Hotel」からなる造語で、地域に根差しながらも国内外の方々の交流の玄関口となることを目指すとともに、ホテルに「。」をつけることで、さまざまなことがつながっていく「ご円(縁)」を意識した名称とのこと。名称に込められた思いを表現したホテルは、これまでにない意表をつく施設やサービスを提供する。

その筆頭が銭湯「ぽて湯」だ。タイル張りの内装で、浴槽、山間に広がるのどかな風景を描いた壁画など、昭和のムード満載。そして牛乳石鹼とのコラボ商品、ポテルオリジナルパッケージの赤箱(石けんをネットに入れて泡立てる)を使うと、なつかしい牛乳石けんの香りが漂う。なんともいえないノスタルジックな瞬間だ。

本館1階のカフェ(84席)では、世界最高品質のコーヒーを追求するミカフェートが提供するコーヒー、スリランカの最高品質の茶葉を使用したムレスナティーを提供。同階のレストランでは、京都で100年続く農業を目指し農作物の販売を行う「坂ノ途中」から調達し、メインがもっとも美味しくなる野菜料理など、徹底的に京都にこだわった。

そして、ホテルの特徴といえるのが、本館2−5階の吹き抜けスペースを活用し設置した「あわいの間」。2−3階が「Book」で、いわゆるライブラリーだ。京都の誠光社のブックソムリエの堀部篤史さんがセレクトした多種多様なジャンルの本が並ぶ。同じく3階に「Game」があり、簡単なものから本格的なものまでチャレンジできるボードゲームができるスペースを設けた。ゲームは京都のボードゲーム会社TANSANによるセレクトだ…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ