楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ホテルの午後を自宅で ウェスティンホテル大阪

コロナのおかげで最近は何でも「お家で」楽しめるようになった。フレンチ料理から焼き鳥まで、実に多彩。「お家時間」を充実したものにしてくれる。

先般はリモートウエディングと称して、一流シェフの料理を参列者それぞれの自宅で楽しみながらの披露宴というのがあった。参列者というか招待客は礼服に着替え、思い思いのお皿に料理を載せて、好きな飲み物を好きなグラスを用意して祝う。結構盛り上がっており、祝い事は何があろうが楽しいものだと実感した。

さて、今回ご紹介するのは「アフターヌーンティー」である。高級ホテルのラウンジの看板メニューといっても過言でないほどポピュラーになってきた。それを“お家メニュー”にしたのが「ウェスティンホテル大阪」(大阪市北区)。10月1日、ホテル1階のロビーラウンジにテイクアウトのアフターヌーンティー専門店「Afternoon House(アフタヌーンハウス)」をオープンした。

同ホテルは、大阪市内では珍しく庭があり、池には立派な鯉が泳いでいるという自然の中を散策する気分が味わえる希少な存在。庭を望むロビーラウンジは、高級ホテルの象徴といえる厚手の絨毯が敷かれ、暖炉があり、どっしりとした重厚感ある家具類が配置されている。

以前からアフターヌーンティーは人気の商品。常連の顧客を中心に「持ち帰りができたらいいのに」という声が多かったという。それに応えた形が「アフターヌーンハウス」というわけ。

ロビーラウンジ入口の横に黒を基調にしたショーケースを備え、焼き菓子や生ケーキなどを用意している。カラフルで可愛らしい小さなケーキ類が並び、見るだけでも楽しい。ホテルメイドのスイーツだが、通常のテイクアウト商品とは違い、すべてが小ぶりである。アフターヌーンティーは1個ではなく、ケーキやスコーンなど少しずつ種類多く楽しむのが基本。そのため1個あたりのポーションを小さくし、色目もカラフルにしている。1皿に盛り合わせたら花のような華やかさなのだ。食べるのが惜しいくらいに1個1個の完成度が高く、さすが「ホテルメイド」と言いたい。

そして、もっとも大きな特徴が「選べる」ことだ…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2021年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ