楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

カジュアルクルーズの旅 さんふらわあ姉妹で鹿児島へ

昨年、大阪南港と鹿児島の志布志を結ぶカーフェリーが新造船に代替され、運航するフェリーさんふらわあは、クルーズフェリー化を狙って旅客需要の喚起に力を入れています。そのキャッチフレーズは「カジュアルクルーズ」。毎日決まった港から出航するフェリーを利用して、気軽な船旅を楽しんでもらおうという趣旨が、この言葉に詰まっています。

新しくなった姉妹は「さんふらわあさつま」と「きりしま」の2隻で、先代からの名前を引き継いでいます。それぞれの港を夕方に出港して翌朝に到着する夜行便であり、飛行機や新幹線に比べると所要時間は約14時間と長いのですが、ゆったりとした船内での生活を楽しみながら効率的な旅ができるのが魅力です。クルーズ客船と同じく、動くホテルですから、夕食を楽しみ、ゆっくりと寝て、朝に起きると、目的地が目の前に迫ってきます。この瞬間には新天地を発見した冒険家のような気持ちになれるのが素敵です。

両船の大きさは約1万3500トンですが、実はこれは国内総トン数と呼ばれる日本独特のトン数で、国際的な総トン数に換算すると約3万トンなので、かなりの大型船です…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2019年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ