楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「かはづ書屋公演『小さき夜』」 小劇団が論争劇で切り取る昭和文豪の世界

「かはづ書屋」という小さな劇団がお気に入りである。

僕は下北沢系の小劇団ムーブメントにはほとんど関心がない。彼らの無目的でただただ自己顕示欲だけが目立つパフォーマンスが苦手なのだ。

そんな中で異色の題材を見つけ、それを論争的な芝居に仕上げて、あ、こういう作りもあったかと、思わせるのが脚本家・柳井祥緒さんが関わるこの劇団で、いちやく名を挙げたのは、乱歩の「D坂の殺人」を乱歩とは別の見立てで裁判劇にしあげた「Dの再審」というお芝居だった。

そのあとも、ハヤカワポケミス版で500頁近い大作「殺人鬼」を「巨獣の定理」という題で芝居に仕立てている。こちらは複雑な連続殺人を、容疑者たちを一切、登場させず、食堂を舞台に女中さん、執事、運転手といった一家にお仕えする従業員たちの世間話だけで進行させるという離れ業を見せてくれた…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2018年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ