楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「時代—立木義浩写真展」 心やさしきカメラマン60年の軌跡がここにある

誰だったか、大女優さんが日本を代表する二大カメラマンに連続してポートレートを撮られる仕事があったそうな。そのふたりとは片やスナップ写真の巨匠、木村伊兵衛と、片やドキュメンタリー写真の社会派、土門拳。女優さんはどちらがいいとか決して言わなかったが、その仕事ぶりの対照的なことに驚いたとのこと。木村さんはパッときてパッと撮って所要時間10分ほどでシャッター数もそれほど切らなかったという。しかし、土門さんの方は照明からアングルまで入念を極め、ほとんど一日がかりだったという。

僕は「撮り誇り」のような気持ちを感じる土門さんはまったくダメで、木村さんの方は写真全集を今も時々出して眺めているほどだ。

こういう写真家対決はたとえば、ポートレートに限れば、篠山紀信vs立木義浩にも言えるのではないか。どちらも人物を撮るのは一流だが、僕はあまり構えずに撮っている風に思える(これは僕の勝手な憶測、実際は違うかも)立木さんのファンだ。なんといっても、写真から滲み出てくる優しい感情がいい。このカメラマン、いい人だろうな、と思えるような「性格のいい」写真たちなのだ。

その立木さんの写真展が上野の森美術館で行われた。

1937年生まれというから、もう82歳。写真の仕事は21歳からというから、もう60年にわたるキャリアだ…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2019年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ