楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「この道」 西村京太郎さんがあっけらかんと語る京都祇園の姿

帝国ホテルの京都出店が決まった。

場所は祇園甲部の歌舞練場にある弥栄会館の活用。まず、歌舞練場の耐震構造化の工事に2年かけ、その後大々的にみやこをどりをやって、それからホテル着工だから完成は相当先だが、帝国が祇園というロケーションをバックにどのようなホテルを作り上げるか、興味津々だ。

京都にはふたつの人種が共存している。日本人という人種と京都人という人種の二つが、と言われるほど、むずかしい場所であることは間違いない。来て帰る旅人には優しい顔を見せるが、いったん定住しようとすると、なかなか手強い。

帝国は130年(来年2020年で)の歴史を誇るが、そのプライドだって、千数百年の王城の地という京都の時間の流れの前にはなかなかホテル開発のプロセスにも苦心がいりそうだ。

そんな京都人の難しさを推理作家の眼差しで遠慮なく明かしてくれるのが、今、東京新聞夕刊で連載中のトラベルミステリの巨匠、西村京太郎さんの「この道」と題した自伝回想録。

西村さんは列車ミステリが大成功をおさめ長者番付に乗るようになってから、京都在住の山村美紗さんと知り合い、事実婚的な関係に入り、京都に住まうことになる。

関東の感覚でいると、なんとなく隣人から微妙な嫌がらせを受ける。それをきちんと処理してくれたのが、山村さんだった…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2019年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ