楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

昭和から脱却をタイで想う

宿の発想を膨らませるための定点観測地バンコクに3年ぶりに行って来ました。1泊目はカオサン通りのホステルのドミトリーへ。コロナからの回復を遂げるためタイでは昨年から大麻を合法化し、一定量までなら吸えるようになりました。カオサン通りの賑わいは戻ってきていましたが、閉店が早まっていたのはタイでも人手不足の課題を感じました。それでも人々が街で楽しく踊るハッピーな雰囲気は日本の都会では体験できない雰囲気です。

2泊目は、定宿のプラナコーンノーンレン。古いアパートを改造し、70年代からSDGsを地で行くデザイナーズブティックホテルで、世界中のサステナブルトラベラーの聖地化しています。

3泊目はカンチャナブリー。少数民族モン族の村を流れるクウェー川に浮かぶフローティングホテルが今回の主目的地です。国立公園の滝で遊び、バンから桟橋でボートに乗りかえてチェックインします。ここは電気の通らないホテル。河に浮かぶロッジは1976年創業。モン族の雇用機会と経済活性化のためにタイ資本が投資した伝統的なエコロッジです。今ではロッジのおかげでモン族には子どもが生まれ続け学校も続いています。ジャングルに囲まれたホテルでは救命胴衣を身に着けて川にも飛び込め、像の歓迎も受けます。1泊1人1万6千円。夜は灯油ランプが廊下を点し。幽玄な雰囲気の中、タイウイスキーも進みます。部屋は真っ暗。シャワーは水だけ。それでも欧州からのサステブルトラベラーで満室です。竹の小橋でつながったホテルで働くモン族のコミュニティへも遊びに行け、少数民族の生活も垣間見れます。

4泊目はバンコクに戻り、中心街サイアムのホステル泊。相部屋式が減り個室化とデジタル化が進んでいます。情報はすべてQRコードで…

(井門隆夫=國學院大學観光まちづくり学部教授)

(トラベルニュースat 2023年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ